ひょうご防犯ネット

百貨店を名のる不審電話の発生(10月22日・宝塚)

10月22日(月)、宝塚市内において、百貨店店員を名のる不審電話がありました。
高齢者宅に電話をかけ、「あなた名義のクレジットカードで6万円相当の買い物中をした客がおり、本人確認をしたら立ち去った。」などと言ったもので、電話のやりとりを不審に思った家族が電話を代わり「詐欺グループではないか。」と聞き返したところ、一方的に電話を切断したものです。
【防犯ポイント】
●「暗証番号を教えて」「現金、カードを預かる」は詐欺
●主に高齢者の方が狙われる傾向にありますので、ご家族やお知り合いに高齢者がおられる方は、「キャッシュカードは渡さない」「暗証番号は教えない」など、被害に遭わないよう注意の呼びかけをお願いします。

●戻る
●ひょうご防犯ネットトップページへ